0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

ゼロエネルギーハウス と は

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ゼロエネルギーハウスとは住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅をさします。

 

 

 

日本における、省エネ住宅

CO2増加による地球温暖化への対策として、「省エネ」の必要性は1990年代から盛んに論議されてきました。

しかし現在の日本の住宅は、環境先進国ヨーロッパの基準と比較すると、省エネ性能の面でかなりの遅れをとっています。

日本トップクラスのメーカーの省エネ住宅でさえ、ヨーロッパ諸国の住宅の断熱性能の3分の1程度だと言われています。

 

ゼロエネルギーハウスの必要性と推奨

シックハウス症候群 新築地球環境への配慮、地球に優しいという概念、そして2011年3月11日に起きた大規模自然災害、東日本大震災を起因とする福島第一原子力発電所事故により高まる、国民の原子力発電に対する疑問や不安。

その際、電力不足が引き起こす深刻な事態を経験したことなどから、日本の住宅への意識に変化をもたらす一因となりました。

 

支援事業=補助金付き住宅

現在、政府が推進する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」は、自然エネルギーを取り入れた先進性のある設計手法・制御機構を取り入れた住宅に対して補助を行うというものです。エネルギーを自家で賄うことで、自活した生活が営めるよう促していくという目的があります。

 

ゼロエネルギーハウスは、断熱(ロスを無くす)・省エネ(消費する電力を減らす)・創エネ(消費するエネルギーよりも、多くのエネルギーを創る)の3点セットがコンセプトとなります。

▲このページのトップへ