0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

大切な家族を守る家:騒音から守る

遮音・吸音性が高い

外部音はもちろん、室内の生活音を吸音しストレス防止

ストレス社会において騒音問題は最重要課題です。騒音公害は特定の問題がなければ起こす側も起こされる側にもストレスが溜まります。

しかし大半は建物の構造に原因があリます。昔の住まいは藁、萱、障子、襖、土壁、土間、畳、板、柱、どこにも反響材はありませんでしたが、現代の住まいは、鉄、非鉄金属、コンクリート、ガラス、プラスチック、ビニール、石膏ボード、どこにも吸音材が存在しませんので、防音施工も重要です。

遮音性は住環境においてのストレス防止

聞こえる範囲の周波数

人が音を感じる範囲は30~200 0ヘルツ(Hz)とも言われますが、感度のよい人で17000ヘルツくらいだそうです。
NHKの時報のポッポッポッが440ヘルツ、ポーンが880ヘルツ。500ヘルツから上が高音、100ヘルツくらいが低音となります。

【デシベル(dB)】……音の強さを表す単位で、500ヘルツは50デシベルなどと表す。
【ホーン】……………騒音の単位として設定された。デシベルで表すより直接的。

家の中では50デシベル前後が理想的といわれています

そんな静かで安らかな住環境を維持するためには「気密性」が鍵となります。

遮音性=気密性といっても過言ではありません。

高気密住宅にするためにはそれなりの施工方法がありますし、開口部の窓やサッシの性能も重要なポイントとなります。

音を視覚化すると、池に石を投げ込むと波紋が広がり、いくつかの波が水の高い低いをつくり徐々に消えてゆくのをイメージしてください。

これと同様に空気圧が高くなったり低くなったりして、空気の疎密を作り出し振動させる、それが音です。

「防音施工の方法」

100ミリの壁であれば、100ミリの新聞紙をぎっしり押し込んだものをイメージして下さい。100ミリの厚みで押し込むと1平方メートルに7キロのセルローズファイバーを使用します。グラスファイバーでは1キロであり、ウレタンでは200グラムに満たないのです。
そこに吸音と遮音が同時に働くという原理があります。

防音施工の根幹は、重さと隙間を作らないということにあります。

「断熱材:セルローズファイバーの吸音・遮音効果」

セルローズファイバーは繊維中に空気泡を抱えているため、音のエネルギーを吸収しやすく、また高密度で充填するため遮音性も優れています。アメリカでは空港周辺の防音材としても認可されています。

遮音 音は空気圧の振動ですので絶対的な力でこの振動を止めれば、音は聞こえなくなります。その力を重さと表現を換えてもよいでしょう。鉛、コンクリート、ゴム、鉄などの比重の重いものがよく、文字通り音を遮る物です。
吸音 音が繊維のような(多気孔の)物の中に入ると繊維と繊維が激しく振動して摩擦を起こし、このことによって、音の振幅エネルギーが摩擦の熱エネルギーに転換され減音します。高音部ほど繊維が激しく振動して減音が著しくなります。

伝声音 幼い頃に誰もが一度は遊んだことがある糸電話がこれに当てはまります。
直径2メートルを超える綱管の水道管の中に入れてもらった時、工事をしているのは100メートルくらい先ですかと聞いたら、4キロも向こうで工事をしているのだと言われ驚いたことがあります。
これは周りの材質硬度が高いものほど吸音しないので遠くまで音が届くことになります。
太鼓現象 太鼓は叩いた側より、反対側が大きな音がするようになっていて、胴の材質が硬く、皮を強く張ってあるものほど響きます。
太鼓の音を消すには、あの胴の中に綿を詰め込むか、皮を緩めてしまえば消えます。
伝播音 われわれが普通に聞いている、空中を伝わってくる音を指しますが、これも硬いものほど、より速く遠くに伝わります。
空中で
は毎秒340メートルですが、水中、鉄、コンクリートなど5キロメートルを超えているものもあります。
衝撃音
(重量床衝撃音)
住まいで問題になります。上の階で相撲を取らないまでも、椅子を引いただけで、階下では頭を撫でられるように感じます。
上下の空間に、なんら吸音材がなくて材質が硬ければ、階下では倍の音となって聞こえるのです。
衝撃音
(計量床衝撃音)
二階のテーブルから落ちたボールペンの音が、階下で聞こえるか聞こえないか、やっと聞こえる程度の軽量衝撃音は良いとして、スリッパの音や掃除機の走行音が聞こえるような住まいではいけません。
共 振 例えば、冷蔵庫のような小さな音でも、近くにある物質が、冷蔵庫の発生する音と同様の反響をしたとき、加増されるので音が大きくなることがあります。壁からの反射音が共鳴する場合が一番多いです。
残響音 皆さんが楽しみにしているカラオケのマイクのエコー機能だと思ってください。

▲このページのトップへ