0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

シックハウス対策 リフォーム

シックハウス対策 リフォームシックハウス対策にリフォームを試みる方法があります。
現在、シックハウス症候群と言われる健康障害については、化学物質によるものだけでなく、カビやダニによる被害も含まれるようになっています。
住宅が原因で起こるものは総称してシックハウス症候群と呼ばれるようになっているわけですが、やはり有害物質であるホルムアルデヒドの影響も大きいと言われています。

シックハウス症候群の原因が家そのものにある以上、対策を打つ場合には家そのものをなんらか変える必要があります。
実は2003年以降の新築住宅の場合、必ず24時間換気するシステムを付けるよう法律で義務付けられているので、常に新鮮な空気を摂り入れ、化学物質を速やかに排出し、結露を防ぐ仕組みが設けられています。
もし今お住まいの家にこの換気システムが無いようであれば、出来るだけ早くリフォームして、取り付けるようにしましょう。

シックハウス対策 リフォーム結露は日本の家の大きな問題であり、家の中にカビやダニが繁殖しないようにするには、結露が起こらないような工夫が必要です。
結露は窓ガラスだけに起こると思っていらっしゃる方もいますが、温度差の激しい壁面も結露します。
冬、暖房している時には、冷たい壁面にも注意して下さい。
特に新しいマンションはコンクリートがまだ水分を持っているので、非常に結露しやすい環境にあるので注意が必要です。
壁のクロスの下は、一面カビが生えているかもしれないと思ったら怖いですよね。
こんな壁をリフォームする場合には、断熱リフォームが効果的です。

▲このページのトップへ