0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

大切な家族を守る家:資産を守る

外から、中から家族を100年守り続けることが可能な家

本物の資産価値の高い住宅

日本の住宅は、長きに渡りその寿命が25年から30年であることが当たり前とされてきました。

欧米では50年以上は当たり前で、100年以上何世代にも受け継がれている家も多くあります。住むほどに価値があがる住宅。

そこには、時代に左右されない美しい佇まいと、100年以上を耐えうる素材と頑丈な構造があります。

きちんと管理し、メンテナンスしてゆくことで200年もの永きに渡り、輝き続け愛着がわく住宅をつくりたい。

健康で快適、省エネルギーな住まいを徹底的に追求してきた仁・幸夢店が、古くから愛され続けるレンガを使うことで、本物の資産価値の高い住宅をつくることに成功しました。

それが、「200年レンガの家」です。

日本のどの街並みにも馴染む美しい外観。

大地震や火災にもびくともしない頑丈な構造。

100年のその先へ。仁・幸夢店の新たな提案です。

住宅性能:基礎編

住宅性能:構造編

住宅性能:外壁編

基礎は建物を支える土台であり最重要部分です

基礎とは建物を支える土台であり、すべてを支える部分です。

建築に携わる業者でもあまり知られてはいませんが、コンクリートの種類は1000以上。

様々な調合の仕方により、耐久性や強度に大幅な変化をもたらすことがあります。

まず第一に、頑丈な基礎をつくることが大切です。

基礎は一般的には『布基礎』と『ベタ基礎』に分類されています。

『布基礎』とは土台(柱)の部分のみのコンクリート基礎で床下部分は土のままになります。

一方『ベタ基礎』とは床下全体をコンクリートで覆う基礎です。

縦横に鉄筋を入れて、コンクリートを流し込むことで地震や台風にも強くなっています。

また、地面からの湿気や害虫の予防にも効果的です。

建物は足元から支える頑強な基礎構造

地域や業者によって基礎は異なりますが、基礎全体に鉄筋を配した鉄筋コンクリートの「ベタ基礎」をお薦めします。

私たち仁幸夢店のベタ基礎工事は、床面厚さ150mm以上、立ち上がり高さ350mm以上、基礎幅は150mm以上と頑丈そのもの。

基礎はコンクリート強度により耐久年数が違います。

コンクリート強度と耐久年数
呼び強度 耐久年数 備  考
16KN 25年

18KN

30年 一般的に使用されているコンクリート強度
21KN 45年
24KN 65年 橋や鉄筋コンクリートの家が使用しているコンクリート強度
27KN 80年
30KN 100年 耐久年数100年以上にするために必要なコンクリート強度
37KN 100年 耐久年数100年以上にするために必要なコンクリート強度
40KN 100年 耐久年数100年以上にするために必要なコンクリート強度

基礎のコンクリート強度は、住宅寿命のことなどを考えても最低でも30KN以上(建築基準法では、18KN以上と定められています)はあってほしいものです。

また、強度試験成績報告書は必ず提出してもらいましょう。

建築基準法で定められているコンクリート強度は18KN以上、スランプ21cm以下としていますが、これでは30年の耐久年数しかありません。

コンクリート強度を30KN、スランプ15cm以下にすることで耐久年数を100年以上にしています。

コンクリートを打った後、最低1週間養生します。(この養生期間と管理も重要となります。)

また、型枠をはずした後に、防湿ビニールではなく、水ガラスコーティングを塗布することで、防湿効果と共に劣化を防ぎ、200年以上長持ちする基礎ができあがります。

もっと丈夫な基礎を造るために

◆アンカーボルトのピッチは1.5メートル以下が望ましいでしょう

◆直下型地震に備えて、ホールダウン金物の位置を確認

◆ベタ基礎の場合は、予算が許せばベース圧250mmにして、ダブル配筋にするといいでしょう

日本の気候風土に適した国産材はとっても長持ち

高周波・高温蒸気式乾燥法で含水率を12%以下にした120角の構造材は、縮みやねじれの問題をクリア。

ヒノキは、薬剤を塗らなくてもシロアリ等の害虫を寄せ付けないので、家族みんなの健康にも安心です。

仁・幸夢店では構造材には吟味された国産の檜や杉の乾燥木材を使用して、面構造と木造軸組の複合工法で耐震性に優れた200年長持ちの家を実現しております。

さらに、レンガ壁と鉄筋の二重構造で強固な耐震性を実現しています。

▲このページのトップへ