0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

工務店 地元

工務店 地元工務店は家をつくる地元の工務店が一番いいという意見があります。
確かにまったく遠くに拠点があって、家が出来たらそこで縁が切れてしまいかねない工務店では困りますが、例え地元でないとしても、その土地をよく知る工務店に依頼するというのは正しい選択と言えるでしょう。

よく言われるのは、現場に近い工務店なら、仕事の出来栄えで地元の評判が左右されるので、工事に手を抜けないだろう、などというウワサです。
でもこれに関して言えば、家をつくる以上、現場に近かろうと遠かろうと誠心誠意良い仕事をするのが当然の責任であり、評判を気にして仕事をしているようでは、そもそも情けないのでは・・・という話になってしまいますね。

工務店 地元ただ、一つ言えるとすれば、最初に仕事を受けた人間が実際に現場に入り、家をつくり、その後のアフターケアまで関わることが出来るのは、とても良いことだということです。
このように、住まう人とつくる人、そして家や土地がすべて一丸となって出来る家は良い家です。
営業は営業だけ、設計は設計だけ、作るのは別会社という仕組みでは、最初に家をつくることに対して伝えた想いや夢が、現場まで届かない事になってしまいます。
そのことだけで出来が左右されてしまうとは言いませんが、やはり同じ顔ぶれで最初から最後まで仕事が納められることには、かけがえのない意味があると思います。
そうした意味では、地元の工務店、地元をよく知る工務店を選ぶのはとても良いことですね。

▲このページのトップへ