0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違いはたくさんあります。
もちろんいろいろな工務店があって、いろいろなハウスメーカーがありますから、一言でくくってしまって良いものではありませんが、一般的に言われている特徴の違いについてまとめてみましょう。

工務店は、基本的には「地域密着型」です。
家を建てる地元の情報を良く知り、その土地に合う建築物を作ることを大切にしています。
もちろん、間違った仕事をすればそれだけ地元での評判が下がりますから、物件ひとつひとつを大切に、家が建った後のアフターメンテナンスまで、きめ細やかな対応をするのが基本です。

決して社員が多いわけではないので、最初にご相談頂いた時から、建った後のメンテナンスまで、ずっと担当者が同じ人間であることも多くなります。
つまり、一緒に家を建てて、一緒に思いを形にする仲間となります。
基本的に自由設計で、法的に問題がなければ思い通りの家が作れます。
大掛かりな宣伝をしていないので、名前が通っていないかもしれませんが、それだけ広告費用などのコストがかからず、価格が安く出来る場合も多いです。

工務店とハウスメーカーの違い一方ハウスメーカーは、とにかく会社の規模が大きいので、全国的に名前が通っていて社会的に信用されやすいというメリットがあります。
大掛かりな住宅展示場がありますし、常にモデルハウスが用意されていて、カタログが用意されていて、マニュアル通りの家を作りやすい環境です。
銀行などと提携していて、安心感がある人もいるでしょう。
決まったものを決まったまま、安定して作りたいという人、忙しくて相手にすべてお任せしたいという方に向いています。

▲このページのトップへ