0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

工務店で家を建てる

工務店で家を建てる工務店で家を建てるということは、その工務店が設計と施工の両方を請負うという事になります。
ちなみにそれを設計施工一貫方式と呼びますが、家を建てる方は工務店1社と契約し、家が完成するまでその工務店と強力なタッグを組んで、夢を形にするまで進んで行く事になります。

工務店はもともと複数の建築の専門家を集めて工事全体を管理するのが仕事です。
総合的な仕事を請け負い、家を建て、そして建った後の家をずっとメンテナンスして行くのが工務店の仕事です。

ちなみに日本の歴史で言えば、工務店は大工の棟梁(とうりょう)です。
住宅に関するすべての知識を持ち、すべての仕事を取り仕切る事が出来て、初めて工務店と言えます。

それでも現代の工務店にはいろいろなタイプが出て来ているのも事実で、それが工務店選びを難しくしているのも確かでしょう。
昔ながらの考え方で仕事を請け負うところもあれば、設計重視だったり施工重視で設計は請け負わなかったり、ハウスメーカーの下請けのところもあります。
工務店でもハウスメーカーとまったく同じように、型にはまったシリーズ商品を販売しているところもあります。
一言で工務店と言っても、その実態がバラバラなのも事実なのです。

工務店で家を建てる工務店で家を建てるという方は、必ずその工務店の実際に建てた家をご覧になって下さい。
そこにはその工務店のすべてが詰まっていますし、実際にご自分が建てる家のイメージを掴むことも出来るでしょう。
仁幸夢店には、実際に泊まっていただくプランもあります。
是非、肌で建築物を感じて下さいね。

▲このページのトップへ