0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

基礎 コンクリート

基礎 コンクリートマンションでも戸建ての住宅でも、基礎がどのくらい丈夫にできているかというのはとても重要なポイントです。日本は地震大国であるため、大半の家がコンクリートでの基礎作りを施工しています。

コンクリートの基礎とひとくくりに纏められがちですが、いくつかの種類があることを覚えておきましょう。
まず、経費を抑えるために用いられている基礎の種類が布基礎と呼ばれるものです。現在の日本の家屋の多くがこの布基礎を用いています。

布基礎はそれぞれの基礎が一体化しておらず、各部分で上部を支える形になっています。それぞれの基礎の間にコンクリートを入れることもありますが、この部分には鉄筋が入っていないためひび割れを起こしやすいというデメリットがあります。

強度の点で心配という方もいるかもしれませんが、セメントの量などによって強度を高めることが可能です。一方で鉄筋やコンクリートの量を減らすことができ経済的であるというメリットもあります。

基礎 コンクリートもう一つの基礎の種類がベタ基礎と呼ばれるものです。これは床の部分を一つの面として支える方法で、ここ最近よく用いられている方法です。面として支えている分荷重が分散し、家の沈下を防ぐことができます。大地震などでは液状化の影響で地震の被害はなくても地盤沈下によって家が壊れるということが起こりえますが、ベタ基礎ではそうした被害を最小限に抑えることができます。使用するコンクリートの量は増えますので費用は布基礎よりも上がることが多いのですが、安定性はベタ基礎の方が上になります。

わかりにくい基礎のお話も、勉強会にてわかりやすくお伝えしています。お気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップへ