0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

耐震住宅 とは

耐震住宅 とは

耐震住宅 とは日本は世界でも有数の地震大国であり、記憶に新しい東日本大震災や熊本地震など非常に大規模な地震が起き、多くの家屋が倒壊、甚大な被害をもたらしました。更に今後30年の間に大地震が起きる予測も地域ごとの数値発表がされています。

そのような背景もあり、これから家を建てることを検討されている方には「耐震住宅」というキーワードは非常に気になっていることだと思います。

地震に強い家を作るための方法は、大きく分けて三つあります。
建物に揺れが伝わらないようにする制震、特殊な構造で地震の揺れを少なくする免震、そして建物の倒壊率を低下させる耐震です。

制震は揺れを吸収するダンパーなどを入れ、揺れを建物に伝えにくくする新築時に選択することができる工法です。

免震は土台と建物の間にクッションとなる装置をおきショックを吸収し揺れを建物に伝えないようにする工法です。横揺れや強風には最大限に効果を発揮しますが、縦揺れ(直下型)には効果が発揮しきれません。家の損傷を軽減することができるのは3つの工法では一番高くなります。

耐震は建物の壁や柱を強化し、補強材を入れて建物自体を強化し倒壊する危険性を減少します。強い揺れにも耐えられるようにした住宅です。現在では東日本大震災と同規模の地震が起こっても耐えられるほどの耐震住宅が建築されています。

耐震住宅 とはこの耐震住宅にはいくつかのメリットとデメリットがあります。メリットとしては台風などの強風などに非常に強いことが挙げられます。壁が厚く柱が太いため大型の台風でもほとんど揺れを感じることはないでしょう。
さらにどのハウスメーカー・工務店も耐震設計を基本としているため、特別高い料金をかけずとも耐震住宅を施工することができます。

デメリットとしては耐震住宅は地震の揺れを制御することはできないため、大地震の際に倒壊しなかったとしても家屋損傷を受けることがあります。また建物は揺れに耐えるため、家具等の転倒転落は起きやすくなります。
家屋から逃げ出すことができるという点では、耐震が一番効果が高いといえます。

これから家を建てようという方は、耐震・免震・制震の違いについてよくメーカーや工務店に確認し、特徴を理解して選択されることをお勧めいたします。

▲このページのトップへ