0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

耐震住宅 ハウスメーカー

耐震住宅 ハウスメーカー

耐震住宅 ハウスメーカー日本はご存じのように地震大国です。1995年の阪神大震災以降も、中越地震、東日本大震災、熊本地震など非常に大型の地震が頻発しています。そのため、国の方でも新築住宅の耐震基準を改定し、相当な揺れでも耐えられる住宅でなければ基準に満たなくなりました。

ハウスメーカーのカタログを見ると、耐震住宅や耐震構造といった言葉をよく目にしますが、同じように免震や制震といった言葉も使われています。耐震、免震、制震ともども同じような意味で捉えている人が多いですが、厳密には区別があるのでカタログや住宅展示場で確認する際は注意してください。

耐震住宅とは、構造用合板やテープ、金具などを用いて壁や柱などを補強し、家全体の強度を高めた住宅のことをいいます。ただ、耐震方式によって、最初の揺れでは強度を保つことができても、二度目以降は強度が落ちてしまうことがあります。大きな地震の後は点検・補修の必要があるでしょう。現在の基準ではほぼすべての住宅が耐震住宅です。

耐震住宅 ハウスメーカー免震住宅とは、揺れが直接建物に伝わらない構造の住宅のことです。建物と基礎の間にローラーやゴムなどの免震装置を挟むなどします。揺れが建物に伝わらないため、建物の被害だけでなく中の家財についても被害を最小限に食い止めることのできる構造です。ただし、設置コストが高いことや、軟弱な地盤では設置が難しいという難点があります。

制震住宅とは、揺れは建物に伝わるものの、制振装置が振動エネルギーを吸収することで建物にダメージを与えない構造の住宅のことをいいます。上階に行くほど揺れが軽減され、数回の揺れでも強度が落ちないといった特徴があります。

仁・幸夢店では耐震・耐火に優れたレンガの家をご提供しています。地震に強い家をご検討中であれば、一度ご家族そろっての体感宿泊をお勧めいたします。ご自身の五感すべてで見定めましょう。

▲このページのトップへ