0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

工務店の家

工務店とは ?

工務店の家複数の専門工事業者を集めグループで施行し、工事全体を管理する総合的な工事を請け負う業者のことを指します。日本では古来より、木工職人である大工の親方(棟梁)が、設計から左官などの他の職人を仕切るまで請け負っており、いわば住宅建築に関するすべてを取り仕切ってきた経緯があります。
この大工の棟梁が現代に形を変えて発展したものが工務店であるともいえます。職人であり社長、そして建築のプロ集団とも定義できますね。

しかし、現在では分業化・細分化・システム構築としての「建築ビジネス」という概念もあり、工務店と一口に言っても、事業規模から施工内容まで千差万別というのが現状です。
中には仕事を受注してもその工務店内で施工せず、すべての施工を下請け業者が請け負うという形で経営を続けている工務店も実際少なくはありません。それはそれで問題ないのですが、多数の業者が関わることで、責任所在などが不明確になってしまうケースもあります。
契約からお引渡しまでの一切を請け負う工務店の「工務店の家」・「工務店の建てる家」は、施主様とご一緒に作り上げる、きめ細かい施工が基本となっています。
お引渡し後、数年済んだ後でも、素晴らしい家であり続ける自信があります。
経験とノウハウの積み重ねと継承、それこそが「工務店の家」の最良のメリットなのです。
工務店の家建築とは腕が全て、と考える方も多いかと思います。もちろん、腕は確かであることは基礎の基礎、第一条件ですが、家は理屈だけでは建ちません。
どんな優れた設計と緻密な計算をしても、実際に建てるのは現場であり人間が行います。家というカタチを築きあげるのは職人さん、すなわちが、紙の上で設計されたものを現場で立体に作り上げていくことです。
やはり職人・プロ・エキスパートとしての心根があるかないかでは、建築物の仕上がり具合は大きく変わってきます。腕は良いがいい加減な仕事をするような心持の人や業者では、良質な家は建ちません。

最新工法と伝統的な職人技という一見相反するものが、知識と技術とノウハウの蓄積により融合された仁・幸夢店の建てる「工務店の家」は、施主様とそのご家族様が長く住み続けることができる安心・良質な家だと自負しております。

家を建てるという大きな決断。どうか長きにわたり喜びを得続けられるように。本当に信頼できる工務店をお選びいただくよう願っております。

▲このページのトップへ