0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

レンガ 外壁

レンガ 外壁レンガの歴史は紀元前4000年頃、今でも同じ製法のレンガで建物を作っている国もありますが、土を枠に入れて形を整えたものを、天日干しにした日干しレンガが最古のものです。
焼きを入れた焼きレンガは紀元前3000年頃に登場するので、焼く工程が入るまでに1,000年もかかった計算になります。
逆に言えば、それだけ長い間ずっと人の暮らしの中で進化を続けて来た建築法だということです。

幕末に日本にレンガが伝わり、工場が出来たのは1870年。
その頃の建物が東京駅や横浜赤レンガ倉庫などですが、関東大震災でレンガは日本の住宅に使われることはほぼなくなりました。

ではなぜ今、レンガの外壁を持つ家が徐々に増えて来ているのでしょうか?
それはレンガ同士をモルタル接着するのではなく、優れた耐震性を実現する、鉄筋の通ったレンガ建築の技術が確立されたからです。

レンガ 外壁レンガには耐熱性能や蓄熱性能があり、夏は涼しく冬は温かい理想の住宅を築くことが出来ます。
これに耐震性が加われば、何も怖いことはありません。
ではデメリットはないのかと言うと、おそらくレンガの扱いに優れた工務店が少ないというのが一番のネックでしょう。
つまり、レンガの外壁に憧れるなら、得意な建築業者を探すべきということです。
不慣れな建築業者では、おそらくレンガ本来のメリットを引き出すことは難しいでしょう。

仁・幸夢店株式会社はレンガの特性を知った上で設計施工が出来る工務店です。

▲このページのトップへ