0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

レンガの家 住み心地

レンガの家 住み心地レンガは古代バビロンの時代から建築材料として使用されてきたものです。実に3000年の歴史があります。その後も古代エジプト、ギリシャ帝国、ローマ帝国でも多くの建築物に使われてきました。欧米でもレンガの家は多く、100年経っても住み続けることができます。仁・幸夢店では200年住める住宅を目指して「200年レンガの家」を完成させました。

レンガの家には住み心地を良くするたくさんのメリットがあります。たとえば、地震に強く、その上耐火性にも優れています。地震国である日本では耐震性は非常に重要なポイントです。また、音や熱が伝わりにくい、雨や湿度に強い、年月が経っても劣化しにくい、メンテナンスの必要が無いという数多くの利点があります。

気密性が高く、断熱性能も優れているので、家の中の温度差が無くなりストレスなく快適に過ごせます。温度差によるヒートショックの問題も解消されるので、高齢者がいるご家庭でも安心して住むことができます。夏は涼しく冬は暖かいという特徴もあります。

レンガの家 住み心地また、騒音はストレスになりますが、レンガの家は遮音性に優れているので、外の音も気になりません。ですから大変住み心地がよくリラックスした時間を過ごすことができます。また、外壁のはく離や落下という心配もありません。外壁塗装が要らないので、その分の費用を節約することもできます。年を経るごとに味わいを増してくるというのもレンガの家の魅力です。ヨーロッパ調の家や重厚な雰囲気がする点も人気がある理由の一つです。

▲このページのトップへ