0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

レンガの家 耐震性

レンガの家 耐震性レンガの家は耐震性がないと感じている方も多いですが、現在は工法が進歩して強い地震にも十分耐えられるレンガの家を建てることができるようになっています。地震が頻繁に起きる日本では、耐震性というのは住宅を購入する上で重要なポイントになります。

仁・幸夢店によるレンガ積み工法は、レンガを縦横の鉄筋にて緊結し、ツーバイフォー工法、そして木造軸組工法の本体構造とを一つにした二重工法になっているため耐震性が非常に優れています。木造軸組工法というのは日本の伝統的な工法で、多くの木造住宅に取り入られて来たもので、柱とハリで建物を支えています。柱とハリをくみ上げた後、筋かいで留め、接合部分には金属を使用して強度を強めています。この工法のメリットは構造や間取りの自由度が高く、開口部を大きくできるという点です。ツーバイフォー工法は柱ではなく主に壁で建物を支える方法です。

レンガの家 耐震性仁・幸夢店の住宅は、この二つの工法を組み合わせた二重工法です。過去の巨大地震を1日4回再生させる耐震実験によっても抜群の耐震性がある事が証明されています。しかも耐火性もあるので地震にも火災にも強い家と言えます。

家族が健康に過ごすためには、、家の中に使用される建材も注意深く選ぶ必要があります。免疫加工された内装材は体に害を及ぼすことなく、また遠赤外線効果も得られるので夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。マイナスイオンも活発になるので、室内の空気をキレイに保てるというメリットもあります。

▲このページのトップへ