0438-98-6233

資料請求体験宿泊お申し込み

大切な家族を守る家:空気を守る


上質な空気がなぜ必要か?

人が生活していく中で、一番多く体に取り入れて入れているものが、住まいの空気だからです。

人は、空気がなければ5分で死に絶えます。水がなければ数日間しかもちません。1週間食べることができなければ動けません。

どんなお金持ちでも、どんなに高度な医療を受けることができる人でも、空気と水と食べ物がなければ、人は生命を維持することができないわけです。

逆に言えば、この3つの生命維持物質を摂ることができれば、あるいは、この3つの要素を適切にすれば、人は健康に生きられます。

人が一生涯でいちばん多く摂取するものは何かというと、空気、飲み物、食べ物、その他の順番になります。

口や鼻から身体の中に入る物質でいちばん多いのは「空気」
重量比でいうと、空気は、人が身体の中に入れる物質のなんと83%

次に多いのは飲み物で8%、食べ物は7%、その他2%
その空気のうち、自宅で吸う空気と自宅以外で吸う空気の割合。
屋内90%、屋外10%です。また、屋内でも自宅で吸う空気は75%で、そのほかの屋内で吸う空気は25% と意外とに少ないのです。

食べ物や飲み物も含めた口に入れるもの全体の重量比でみると、自宅で吸う空気は総重量の56%

私たちが一生のうちで体内に入れるものの半分以上は「自宅の空気」です。

人が生涯でもっとも多く体内に取り入れるのが空気です。

国産無垢材の床、調湿・臭いの吸着分解・マイナスイオン効果のあるヘルスコート・アイキャス塗材”ダイアトーマス”の塗り壁は、きれいで安心な空気環境を作ります。

結露が発生しないので、カビやダニの心配もありません。

一生涯で一番多く摂取する「自宅の空気」空気の質が家族の健康に影響します。これだけの量の空気が、住む人の健康に大きく影響するということです。

上質の空気を吸えれば健康によい。質のよくない空気を吸えば健康を損ねる。

大気が汚染(PM2.5など)されているこんにちでは、家の空気も当然汚れ、喘息などを起こす人がふえます。

でも、自分の家の空気が危険なほど汚れているとまでは、考えない人の方がたいはんです。

住空間の空気環境は目に見えないところで、とても恐ろしいことになっています。いま多くの家庭の空気はものすごく汚れていて、健康を損なうほどの危険な状態にあります。

体内に入った化学物質はどうなるか…。

水や食べ物は消化器系を通って体内に取り込まれます。

胃の場合は強酸ですから、ほとんどの物質や細菌は溶かされてバラバラにされます。化学物質はなかなか分解されませんが、腸や肝臓でその多くは解毒され、さらに小便や大便の排泄をとおして、かなりのものが体外にそのまま排出されていきます。

そういう機能があることで、多種多様な化学物質を摂取したとしても、わずかしか体内に蓄積されないようになっているのです。そのわずかな化学物質でも問題なのですが……。

ただ、呼吸や皮膚を通じて入ってきた化学物質は解毒できません
肺に取り込まれた化学物質は容易に体外に排出されません。肺で分解もされません。肺は血液に酸素を送り込むと同時に、血液から二酸化炭素を吸収して呼吸でそれを排出します。つまり、肺に取り込まれた化学物質は、血液やリンパ液に入り、体じゅうにまわるということなのです。

血液中に化学物質があると、その影響は全身に及びます。脳にも影響します。

脳には「血液脳関門」というのがあり、血中にいろんな物質があったとしても、それを排除する関所みたいな機関を果たしています。

ところが、腸内で食物の分解・吸収が十分に行われないと、硫化水素やアンモニアが発生してしまいます。硫化水素もアンモニアも、毒ガス兵器に使われているものです。

その硫化水素とアンモニアは血中に入り、血液脳関門を破壊してしまうといいます。これが破壊されると、アルミニウムなどの金属類が脳にまで入っていきます。

本来入っていてはいけないアルミなど重金属が「アルツハイマーの原因はアルミニウムだ」とされたこともあります。

これから住宅の新築を計画している人にとっていちばん大事なことは、部屋の中で呼吸を通して入ってくる化学物質は解毒できないということを知っておくことです

胎児は直接呼吸しませんが、母胎からの血液を通じて、酸素や栄養を吸収しています。

子宮内は、先述の血液脳関門と同じように、体内に侵入してくる有害物質を「胎盤関門」で阻止するようにできています。しかし、すべてではありません。ウイルスやニコチン、麻薬、ある種の薬品や重金属を通してしまうのです。

室内の環境ホルモンはどうでしょう。人は呼吸しなければ生きていけませんから、どのような室内環境であっても、妊婦も胎児もその影響を受けざるを得ないのです。床、壁、天井、畳、家具、雑貨……これらから発する有害物質は、如何ともしがたいのが現実なのです。

しかし、室内環境は変えることができるのです。環境ホルモンの発生しない、おいしい空気の吸える健康維持増進・免疫住宅を選択する事です。

森の中に行くと元気が出るのは、樹木が本来もつ樹能が発揮され、よい環境をつくっているからです。
健全な森は自浄能力によって、わるい環境を拡大させない。家もこの森がもっているのと同じ自浄能力をもつ必要があります。

空気環境も私たちの腸内環境とまったく同じなのです。家というものも私たちの腸内と同じように、生命を育む方向へと機能する能力を備えていなければなりません。

家は第2の体内環境と第3の皮膚である

食事と健康、運動と健康、ストレス対策など、心のあり方と健康にまで人々は気を使うのに、なぜか住まいと健康を結びつけて考える人は多くありません。
いま必要なのは「家は第2の胎内環境、第3の皮膚」という発想をもつことだと思います。

実際に家とはそういうものです。いくら食事に気をつけても、運動をしても、住まいの環境がわるければ、身体は不健康になってしまいます。住まいで呼吸する空気がいちばん多いからです。

最初の菌叢分布がつくられるのは生まれたときです。お母さんのお腹の中から出てきて、「オギャー」といった瞬間、赤ちゃんは最初の呼吸で空気を吸い込みます。このとき吸い込んだ空気の中に含まれていた細菌が、その人の腸内菌叢を形成する最初の住人ということになります。つまり、生まれてきて最初に吸い込んだ空気の質によって、腸内菌叢は左右されるのです。

それくらい空気環境というものは、人の健康に大きな影響を及ぼしています。

食事も大切、運動も大切、ストレスもうまく乗り切る必要があります。だが、ふだん何気なく吸っている「空気の質」というものに、もっと配慮する必要があるということです。

お母さんのおなかの中にいる胎児は、母親の胎内で生命を育むことができます。胎内環境は絶対に安全なものでなければならないことはいうまでもありません。
家もそうなのです。
家族の生命を守り育てる胎内環境が家というものなのです。

健康には、体調を崩してからの治療ではなく、予防医学の考え方が最も大切であり、それが健康住宅の第一歩です。

▲このページのトップへ